Language
Access
Search
2019.07.11 学生

理工学研究科の座古保教授の研究が、Analytical Sciences誌のHot Article Awardを受賞しました【6月10日(月)】

 令和元年6月10日に、座古保教授が当時大学院理工学研究科2回生であった矢野湧暉さんとともにAnalytical Sciences(日本分析化学会・欧文誌)に発表した論文(Y.Yano, M.Nisougi, Y.Yano-Ozawa, T.Ohguni, A.Ogawa, M.Maeda, T.Asahi and T.Zako “Detection of Gold Naoparticles Aggregation using Light Scattering for Molecular Sensing” Analytical Sciences, 35, 685-690(2019)がHot Article Awardを受賞しました。

 金ナノ粒子の凝集現象を用いた分子検出が近年注目されています。これまでは、凝集による溶液色変化および吸収スペクトル変化により凝集を評価していました。それに体して本論文では、錯乱光に注目することで、より高感度に分子検出することが可能であることを示しました。また、暗視野顕微鏡による観察像に色分解手法を適用することで、より簡便に金ナノ粒子の凝集評価が可能であることを明らかにしました。本論文は、先端ナノバイオ分析研究ユニット(愛媛大学リサーチユニット)の研究成果です。

 

○愛媛大学 リサーチユニットについて