Language
Language
Access
Access
Search
Search
GRADUATE SCHOOL

大学院について

大学院で実力をつけて社会に

文部科学省の「学校基本調査」によると、理系学部のうち理学部生の大学院進学率は全体の4割以上となり、大学卒業後の進路において大学院進学は重要な選択肢の一つになっています。愛媛大学大学院理工学研究科は、学部卒業後も継続して学習をさらに深めようとする志を持つ理学部学生の進学先となっており、理工系の高い専門性や即戦力としての実力を身に着けた人材を社会に輩出しています。

大学院理工学研究科 博士前期課程・博士後期課程が変わります (2023年4月開設に向けて設置構想中)

[ Point1 ]

博士前期課程を1専攻4教育プログラムに、博士後期課程を1専攻に再編成した柔軟な教育カリキュラムと柔軟な教育研究体制のもとで高度理工系人材を目指して学修できます。

[ Point2 ]

専攻共通科目や教育基盤プログラム共通科目において、自分の志向する学修を進めていくことで、社会に貢献できる俯瞰的な視野・柔軟な適応力が培われます。

[ Point3 ]

複数分野教員による柔軟な研究指導体制により、俯瞰的な視野・柔軟な適応力が培われます。


改組後の編成

博士前期課程

専攻 教育基盤プログラム/分野 定員
理工学専攻 産業基盤
 ・機械工学 ・機能材料工学
 ・応用化学
社会基盤
 ・環境建設工学 ・電気電子工学
 ・応用情報工学
250
数理情報
 ・数理情報
自然科学
 ・物理学 ・地球科学
 ・化学  ・生物学
アジア防災学特別プログラム
地域エンジニア養成プログラム

博士後期課程

専攻 定員
理工学専攻 23

EUアドバンスド・リサーチ・フェローシップについて

選抜された大学院理工学研究科博士後期課程のフェローシップ給付対象学生に対し、研究専念支援金及び研究費を給付することにより、研究に専念できる環境を提供します。また、愛媛大学の強みであり世界トップクラスの研究を展開する4つの研究センター(沿岸環境科学研究センター、地球深部ダイナミクス研究センター、プロテオサイエンスセンター及び宇宙進化研究センター)を有効に活用し、研究力向上・キャリアパス支援及びキャリアパス確保に向けた取組からなる総合的な学生支援プログラムを開発し提供します。