Access
Search
RESEARCH CENTERS

研究センター

宇宙進化研究センター

基礎科学の発展と多くの先端技術の開発に支えられ、20世紀には宇宙の探求が精力的に進められてきました。21世紀に入り、宇宙の年齢が約137億歳であることもわかり、宇宙の探求に拍車がかかっています。しかし、その一方で、私たちの住む宇宙は、未知の暗黒物質に操られ、さらには暗黒エネルギーによって加速膨張していることも示唆されるに至っています。
探求すればするほど、宇宙にはまだたくさんの謎があることがわかります。このような状況の中で宇宙の理解を進めていくには、いろいろな研究方法がありますが、できるだけ基本的なスタンスで進化する宇宙の姿を調べ尽くすことが肝要です。
そこで、本研究センターでは宇宙の進化に焦点をあて、銀河、暗黒物質、宇宙の大規模構造、銀河中心核にある巨大ブラックホール、宇宙プラズマに関する最先端の研究を行っています。

国立天文台提供
国立天文台提供
イラスト:落合隆郎
イラスト:落合隆郎

地球深部ダイナミクス研究センター

GRCは、地球・惑星深部の物質構成・構造・運動(ダイナミクス)の解明を主な研究目的としています。地球の中心で360万気圧・5000℃にも達する超高圧・超高温の世界の理解のために、世界最大規模を含む複数の超高圧合成装置や電子顕微鏡などの分析装置を用いた高温高圧実験、ならびに、量子力学に基づく第一原理計算や流体力学に基づいた対流シミュレーションなどの理論計算といった世界最先端レベルの研究技術・理論を駆使していますまた、これらの地球惑星科学で得た「超高圧」に関する知見や技術のスピンオフとして、GRCで合成に成功した世界で最も硬い物質である多結晶ダイヤモンドをはじめとした新規素材の開発など材料科学や化学・物理学との学際的研究も展開しています。学内・国内のみならず、アメリカ・ドイツ・フランス・中国など国外の多くの研究機関と学術交流協定を結び、活発な交流の下に国際的教育研究拠点の形成を進めています。また、理学部や大学院理工学研究科の教育も担当し、学生・院生は、GRCの保有する研究機器・技術や放射光施設SPring-8などでの実験、国内・海外の研究機関での共同研究など最先端の研究環境の下で学習・研究活動を行っています。

マントル最深部での鉱物相転移
マントル最深部での鉱物相転移
世界最硬物質「ヒメダイヤ」
世界最硬物質「ヒメダイヤ」

沿岸環境科学研究センター

沿岸環境科学研究センター

本センターは、海洋科学の主要な分野である物理学、化学、生物学、地質学を基礎とする4つの研究部門から構成されており、各分野の研究者の密接な協力により学際的、総合的な沿岸環境研究を推進しています。
本センターの主要な研究対象の一つである瀬戸内海は、わが国最大かつ最重要な沿岸海域であるばかりでなく、その変化に富んだ環境のため研究対象としても極めて興味深い海域です。また、本センターは瀬戸内海研究のみならず、わが国やアジアにおける環境研究の拠点となることを目指して、海外の大学と学術交流協定を結び、国際的な共同研究も展開しています。本センターでは、これまで理学部の卒業論文学生や大学院生を多数受け入れており、学際的な沿岸環境研究を意図した幅広いテーマで研究が行える環境も提供しています。

プロテオサイエンスセンター

プロテオサイエンスセンター

本センターは工学、医学、理学、農学領域の研究者で構成され、タンパク質の働きを分子、細胞、個体レベルで包括的に研究しています。様々な生命維持の機構や病気の成り立ちを分子レベルで解明するとともに、がん、自己免疫病などの難病の新しい診断・治療法の開発を目指しています。このうち、プロテオリサーチ領域の生体超分子研究部門および生体分子工学部門が、化学コースの教育を担当しています。生体超分子研究部門では、生命活動の基盤となる光合成における複合体タンパク質の機能を原子レベルで明らかにし、効率良い人工システムへの応用の基盤となる新たな知見をもたらすことを目的として研究に取り組んでいます。また、生体分子工学部門では、タンパク質の設計図である核酸(DNA、RNA)やタンパク質・核酸が協奏的に働く生命システムに注目し、創薬を指向した機能性生体分子や人工細胞、あるいは有用なバイオテクノロジーを創出する研究を行っています。

学術支援センター

学術支援センター

総勢6名の専任スタッフが、全学の教職員および学生に機器の測定サービスや機器使用のサポートを行っています。
専任の教員3名は、化学コースの教員組織に属し、学部および大学院の教育を分担するとともに、新規生理活性物質の探索と合成、有機デバイス作成に向けた物性転換色素の開発、リチウム二次電池用次世代正極活物質の開発などの研究のテーマを持ち、センター設置の機器を駆使した研究を行っています。この図は最近解析に成功したポルフィリン色素3量体のステレオ図です。平面のポルフィリン分子が互いに重なり合っているのが見えるでしょうか?

愛媛大学ミュージアム

愛媛大学ミュージアム

愛媛大学ミュージアムは、本学が蓄積してきた様々な資料や研究成果を一般の方々、特に若い世代にわかりやすく伝えることを目的とした施設です。知的刺激に満ちた常設展示は、「進化する宇宙と地球」、「愛媛の歴史と文化」、「生命の多様性」、「人間の営み」の4ゾーンの構成です。その他、企画展示スペースでは、夏の「昆虫展」や様々な興味ある企画展を随時開催しています。