Language
Access
Search
2019.03.26 お知らせ

理学部設置50周年記念碑の設置及び記念植樹式を開催しました

「理学部設置50周年記念碑の設置及び記念植樹式」を開催しました【3月22日(金)】 

平成31年3月22日(金)の大安吉日に、理学部・理学同窓会・理学部後援会の三者において、
「理学部設置50周年記念碑の設置及び記念植樹式」を開催しました。

 植樹式には平野 幹理学部長、東 長雄理学同窓会長及び山内 和美理学部後援会長のほか、理学部教職員が出席しました。
 加納 正道理学部設置50周年記念事業実施委員長によると、植樹された常緑ヤマボウシはかつて教養部の中庭にも植えられており、6月頃に見事な白い花を咲かせてくれるそうです。また、記念樹としても人気があります。
 当日は、松山市においてもいよいよ桜が開花すると予想される中、平野理学部長、東同窓会長及び山内後援会長がスコップを手に、この木の生長とともに理学部のさらなる飛躍を祈念し、植樹を行いました。

 理学部は、5学科から分野横断機能とキャリア形成機能を強化した1学科5教育コース3履修プログラムの教育体制に改組し、平成31年4月から理学科1期生を迎え、新たにスタートします。