Access
Search
EARTH SCIENCES

地学コース

地球の過去を学ぶ、地球の現在を知る、
地球の未来を想う。

地学コース

地球の諸問題を科学的に解明するには、生物と流体・固体地球の相互作用をさまざまな時間・空間スケールの現象として地球科学的視点から捉える必要があります。 地学コースでは、このような諸問題を常に意識し、地球の内部構造や地殻変動のメカニズムを学び、地球と生物の共進化などの基礎的な理解を目指しながら、多様な観点と手法で教育・研究を行うことに重点を置いています。 これらの目標を達成するため、本コースでは野外調査と室内実験を中心とした幅広いカリキュラムを通して教育を行っています。 また、最終学年では卒業研究を通して実証的な調査・研究を行い、実践的な問題に対処できる能力を身につけます。

主な研究分野

地球物理学系

地球物理学系

地球の内部の流体力学シミュレーション

地球の構造と発達を知る

高温高圧実験や物性測定、データ解析やコンピュータシミュレーションなど、さまざまな物理の手法を駆使した研究を行っています。 これにより、直接目に見ることのできない地球や他の惑星の内部の物質や構造、さらにその進化を解明することを目的としています。

岩石・鉱物学系

岩石・鉱物学系

累帯構造を示す斜長石の偏光顕微鏡写真

大陸地殻の成因を究める

大陸地殻の存在は太陽系の他の惑星にはない地球固有の特徴です。大陸地殻の成因および進化過程を解明することを目的として、国内外の野外地質調査、岩石鉱物の化学分析、電子顕微鏡観察や高温高圧実験といった様々な手法を駆使して研究を行っています。

地質・古生物学系

地質・古生物学系

ジュラ紀の化石林

地球環境の進化を探る

地球環境の歴史的変遷を明らかにするために、地質調査による地質構造解析、微化石や大型化石(特に中生代の海生軟体動物や陸生脊椎動物)による古生態・古環境解析、堆積物解析による環境評価に取り組んでいます。また、中生代に生息していたアンモナイトなどの形態学的研究も行っています。

海洋物理学系

海洋物理学系

調査船いさなでの採水風景

海洋循環の仕組みを明かす

海洋循環やこれに伴う物質輸送の仕組みを解明すべく、海洋観測や数値モデリングなど、様々な方法を駆使して研究に取り組んでいます。研究対象は、瀬戸内海など内湾域から、東シナ海などの陸棚域や、北太平洋などの外洋にいたるまで多岐にわたっています。

コース専門科目

コース体系科目は、各専門分野の専門知識を体系的に学修するための科目群です。コース課題科目では、セミナーや実験、実習を通して各専門分野の基盤スキルを身につけます。

コース体系科目 コース課題科目
地球環境学序論 / 最新地球惑星科学 / 地質学概論 / 鉱物学概論 / 岩石学概論 / 固体地球物理学概論 / 海洋学概論 / 生態学 / 分類学 / 岩石学 / 鉱物学 / 地層学 / 固体地球物理学 / 海洋物理学Ⅰ / 分析化学Ⅰ / 力学Ⅰ / 力学Ⅱ / 進化生物学 / 情報地球科学 / 地球内部構造論 / 古生物学 / 海洋物理学Ⅱ / 応用地球科学 / 沿岸海洋学 / 地球化学 / 地球環境学特論 / 岩石鉱物学特論 / 地球物理学特論 / 熱統計力学Ⅰ / 地学特別講義 地質野外実習Ⅰ / 地学英語 / 地質学実験 / 岩石鉱物学実験 / 地球物理学実験 / 地質野外実習Ⅱ / 情報地球科学演習 / 地質図学演習 / 地質調査法実習 / 地質野外研究 / 沿岸海洋学研究 / 地球科学実験 / 地学課題演習

共通科目

理学部共通基礎科目 理学部共通課題科目
数学の基礎 / 数理情報の基礎 / 数学Ⅰ / 数学Ⅱ / 物理学Ⅰ / 物理学Ⅱ / 化学Ⅰ / 化学Ⅱ / 化学Ⅲ / 化学Ⅳ / 生物学Ⅰ / 生物学Ⅱ / 地学Ⅰ / 地学Ⅱ / 基礎物理学実験 / 基礎化学実験 / 基礎生物学実験 / 基礎地学実験 科学研究倫理 / 特別演習Ⅰ / 特別演習Ⅱ / 課題研究 / 特別研究Ⅰ / 特別研究Ⅱ

教員一覧

教員からのメッセージ

理学の基礎を生かして、地球や宇宙の進化を理解する。
地球は46億年の歴史を持ち、今も活発に活動し続けています。地球の表層から深部に至る諸現象は、人間の営みとも密接な関係があります。地球とそれを取り巻く宇宙の進化を読み解き、我々の近未来・遠未来を予測することは、地球科学が果たすべき重要な役割です。
愛媛大学では、数学・物理・化学・生物の様々な基礎知識を応用して地球科学の研究がおこなわれています。「これまでの学習の成果を応用して、地球や生命のダイナミクスや進化をもっと知りたい、地球環境のさまざまな諸問題を解決する糸口を見つけたい」という意欲に溢れた人を地学コースは歓迎します。地学コースでは、高校で地学を履修していることを前提としていません。高校で学んだ数学・理科の基礎知識を生かして、地球科学分野で新たな挑戦をしてみませんか?

氏名 研究テーマ 個人ページURL
教授
井上 徹
(ダ)
高温高圧実験による地球内部物質における揮発性成分の影響に関する研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~inoue/
入舩 徹男
(ダ)
超高圧実験による地球深部物質の結晶構造・密度・弾性波速度変化の解明と、ヒメダイヤをはじめとした新物質の開発 http://www.grc.ehime-u.ac.jp/archives/member/tetsuo-irifune
大藤 弘明
(ダ)
天然・合成鉱物の結晶化・自己組織化・相転移メカニズムに関する研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~ohfuji/
郭 新宇
(沿)
瀬戸内海と東シナ海における流動構造と栄養塩輸送過程、黒潮の影響 http://engan.cmes.ehime-u.ac.jp/xguo/xguo.htm
亀山 真典
(ダ)
マントル対流の数値シミュレーション; 地球内部の変動や進化過程の数値流体力学的研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~kameyama
土屋 卓久
(ダ)
高温高圧物性の理論と計算。それに基づく地球惑星内部構造とダイナミクスの解明。 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~takut/
鍔本 武久 新生代における陸棲哺乳類の進化・古生物地理・古生態の研究,および,脊椎動物化石の発掘・記載・古生物学的研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~tsubamoto/
堀 利栄 地質学・古生物学的手法を用いた深海堆積物の解析と古環境復元。 特に中生代の海洋環境変動を、微化石や化学組成分析を基に検討。 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~shori/
https://sites.google.com/site/rieshorilabweb/
森本 昭彦
(沿)
 対馬暖流の変動と対馬暖流が輸送する栄養塩が日本海の低次生態系に与える影響
准教授
岡本 隆 海生無脊椎動物化石の理論形態学的研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~okamoto/
加 三千宣
(沿)
沿岸古海洋学、古陸水学、気候・海洋・海洋生態系の長期動態に関する研究 http://www.cmes.ehime-u.ac.jp/organization.html
河野 義生(ダ) 高圧下におけるマグマの構造と物性.放射光X線を用いた高圧実験.
土屋 旬(ダ) 地球・惑星内部における揮発性元素の存在状態とその影響に関する研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~junt/
西原 遊
(ダ)
地球深部に関する物質科学的研究、特に高圧実験に基づく輸送特性 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~yunishi/
森 寛志 コンドライト隕石の衝撃変成作用およびエコンドライト隕石の分化作用に関する岩石鉱物学的研究 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~hrmori/
楠橋 直 古脊椎動物学、特に中生代における哺乳類の起源と初期進化 http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~nkusu/
齊藤 哲 岩石学、特に花崗岩の成因論と島弧・大陸地殻の進化に関する研究
講師
大内 智博(ダ) 高圧実験による地球内部構成物質の流動・破壊特性の解明  http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~ohuchi/ohuchi.htm
境 毅(ダ) ダイヤモンドアンビルセルを用いた地球惑星内部構成物質の状態方程式の研究
出倉 春彦
(ダ)
量子物性理論・計算物理学的手法による地球惑星内部構造の研究
吉江 直樹
(沿)
海洋生態系・生物地球化学的な物質循環に関する研究
西 真之
(ダ)
マントル物質の相転移メカニズムとカイネティクス https://www.mendeley.com/profiles/masayuki-nishi/
アブラジェビッチ・アレクサンドラ 古地磁気および岩石磁化過程の研究
助教
グレオ スティ―ブ ジョルジュ 岩石・鉱物の熱弾性特性と地球惑星内部の研究 http://grc.ehime-u.ac.jp/archives/member/steeve-greaux

(ダ)・・・地球深部ダイナミクス研究センター専任教員
(沿)・・・沿岸環境科学研究センター専任教員