Language
Access
Search
CHEMISTRY

化学コース

物質的世界観を身につけ、
人類の課題に挑戦する。

化学コース

 化学は、物質の構造・性質・変化を原子・分子レベルで扱う科学です。 近代以降の物質の理解と技術の進展に伴って開発された新物質・新機能が生活を豊かにし、文明を支えています。 今日、医療・製薬、地球の構造・物質循環やエネルギー問題にわたる領域まで、化学の役割は広くかつ重大です。 社会において「化学」のニーズが絶えることはなく、専門知識・実験技能、化学物質の取扱・安全に関するスキルが必要とされています。 化学コースでは、体系的な講義・実験・課題カリキュラムを通して、化学の標準知識・技能、課題に対する理解力・探究力・応用力、および表現力・コミュニケーション力を培い、様々な分野で活躍できる能力を身につけることができます。

教員からのメッセージ

物事の根本の化学現象を理解し、未来へつなげる。
 人類の発展において化学は大きな役割を果たしてきました。私たちが日常生活で用いるプラスティック製品や病気を治癒する薬などはその賜物と言えます。また我々生命体の中でおこっていることも、分子レベルで考えると全ては化学反応と言えます。このように物事の根本の理解と発展には化学現象の理解が重要です。
 本コースでは化学の様々な領域を広く深く学ぶことで、化学現象を見つめる目を養うようにカリキュラムが構成されています。更に卒業研究を通じて実践的な問題に対処できるようになります。化学科で学んだ広い視野と深い洞察力、鋭い分析力は社会で専門家として未来を切り拓く上で役立つのみならず、日常の様々な問題を解決するための能力としても活用されます。皆さんと共に学ぶことを楽しみにしています。

コース専門科目

 コース体系科目は、各専門分野の専門知識を体系的に学修するための科目群です。コース課題科目では、セミナーや実験、実習を通して各専門分野の基盤スキルを身につけます。

コース体系科目 コース課題科目
物理化学Ⅰ/有機化学Ⅰ/分析化学Ⅰ/無機化学Ⅰ/量子化学Ⅰ/生物化学基礎Ⅰ/生物化学基礎Ⅱ/機器分析Ⅰ/物理化学Ⅱ/有機化学Ⅱ/分析化学Ⅱ/分析化学Ⅲ/無機化学Ⅱ/量子化学Ⅱ/生物化学Ⅰ/物理化学Ⅲ/物理化学Ⅳ/有機化学Ⅲ/環境化学/機器分析Ⅱ/機器分析Ⅲ/機器分析Ⅳ/有機化学Ⅳ/生物化学Ⅱ/分析化学Ⅳ/機器分析Ⅴ/無機化学Ⅲ/分子分光学/環境毒性学/分子遺伝学特論/生体分析化学/生態環境分析学/有機化学Ⅴ/生体物質化学/固体物性化学/化学特別講義 化学実験法/化学実験Ⅰ/化学実験Ⅱ/化学実験Ⅲ/化学実験Ⅳ/化学実験Ⅴ/化学ゼミナール

Curriculum Topics

化学実験

化学実験

2年次の化学実験Ⅰでは第1属から第5属までの陽イオンの定性分析や各種滴定、有機合成、無機合成の実験を行います。
3年次の化学実験Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴでは、物性化学実験として、無機酸化物結晶の合成、蒸発エンタルピーの測定など、有機化学実験として、アスピリン、ベンゾインの合成など、構造化学実験として吸収スペクトルと蛍光スペクトル測定など、分析化学実験として電気泳動法による生体タンパク質の分離分析など、生物化学実験としてDNAの分析と遺伝子組み換えなどの実験を行います。