Access
Search
BIOLOGY

生物学コース

分子レベルから生態系にいたる、
生命現象を包括的に理解する。

生物学コース

生物学コースの教員の研究分野は、主に3つの領域からなっています。 それぞれの領域では、独自の視点に立った研究はもちろんのこと、他の領域との境界となる分野の研究も行われ、全体としては分子から個体、あるいは生態系にいたるまでのさまざまなレベルでの研究が行われています。 この研究体制は、そのまま学生に対する教育にも生かされています。
すなわち、学生は分子から生態系、あるいは微生物および植物や動物といったさまざまな側面からのアプローチによる生物学を学ぶことができ、それにより自然、生命についての豊富な知識を得ることができます。 また、自然と人間とのかかわりについても、高度な専門的知識を得ると同時に包括的な理解を深めることができます。

主な研究分野

形態形成領域

形態形成領域

左:コーンスネーク胚の神経系 右:サイコクカマアシムシの後期胚

細胞から個体まで生物の形の不思議を解明する

動物発生学分野では、アフリカツメガエルの変態期に起こる各器官の組織変化について形態学的、あるいは細胞学的側面から調べています。進化形態学分野では、昆虫の胚を用いてその発生様式と進化を明らかにする比較発生学的研究や、脊椎動物の脳の起源と多様化に関する進化発生学的研究を行っています。植物形態学分野では、植物ホルモン、環境応答や木化のしくみ、細胞骨格などについて顕微鏡観察や生化学的・分子生物学的手法により研究しています。

生理・適応領域

生理・適応領域

ダイオキシン類曝露による典型的な症状 (blue sac disease)

生物が生きのびるために刺激に反応するしくみを探る

植物生理学分野では、植物が重金属や塩、高温、乾燥ストレス等に適応する仕組みなどについて、生理化学的及び分子生物学的手法により研究しています。魚類環境生理学分野では、魚類が病原体の感染に対してどのように応答するのかを調べています。水族毒性学分野では、化学物質をはじめとした様々な環境要因が水生生物に及ぼす影響について研究しています。

生態・環境領域

生態・環境領域

川の中の景色

広い視野で環境と生物群集との関係や進化を考える

生態・進化学分野では、実験室でのクロレラ、大腸菌、繊毛虫を用いたモデル生態系や、DNA塩基配列情報を用いた進化に関する研究、森林や河川、沿岸域などフィールドでの昆虫や魚類、植物や藻類、サンゴなどを対象に、生物の個体間関係、種間関係や、環境と生物群集との関係を扱う野外研究に取り組んでいます。環境毒性学分野では、魚類・鳥類・水棲哺乳類など多様な動物種を対象に、環境汚染物質による毒性影響やその分子機構の解明とリスク評価に取り組んでいます。

コース専門科目

コース体系科目は、各専門分野の専門知識を体系的に学修するための科目群です。コース課題科目では、セミナーや実験、実習を通して各専門分野の基盤スキルを身につけます。

コース体系科目 コース課題科目
生物学展望 / 細胞学 / 発生学 / 植物形態学 / 生態学 / 生物化学基礎Ⅰ / 生物化学基礎Ⅱ / 分類学 / 植物生理学 / 形態形成論 / 微生物学 / 生物化学Ⅰ / 環境化学 / 分子遺伝学 / 動物生理学 / 進化生物学 / 行動生態学 / 海洋生物学 / 環境毒性学 / 生物化学Ⅱ / 古生物学 / 集団遺伝学 / 分子遺伝学特論 / 生態学特論 / 生物化学Ⅲ / 生体分析化学 / 生態環境分析学 / 生物学特別講義 基礎生物学演習 / 生物学実験Ⅰ / 生物学実験Ⅱ / 生物学実験Ⅲ / 生物学実験Ⅳ / 生物学野外実習 / 臨海実習 / 基礎生物英語 / 文献講読 / 生物統計学演習 / 生物学ゼミナールⅠ / 生物学ゼミナールⅡ / 生物学課題演習

共通科目

理学部共通基礎科目 理学部共通課題科目
数学の基礎 / 数理情報の基礎 / 数学Ⅰ / 数学Ⅱ / 物理学Ⅰ / 物理学Ⅱ / 化学Ⅰ / 化学Ⅱ / 化学Ⅲ / 化学Ⅳ / 生物学Ⅰ / 生物学Ⅱ / 地学Ⅰ / 地学Ⅱ / 基礎物理学実験 / 基礎化学実験 / 基礎生物学実験 / 基礎地学実験 科学研究倫理 / 特別演習Ⅰ / 特別演習Ⅱ / 課題研究 / 特別研究Ⅰ / 特別研究Ⅱ


教員一覧

教員からのメッセージ

生命の科学を通して、未来を切り拓こう。
21世紀は生物学の時代と言われています。私たち人間は、生命や環境との関わり合いにおいて数多くの問題を抱えていますが、生命や生命維持システムとしての生態系を深く理解することによって、それらを解決することができます。若い人たちが、様々な生命現象に対する理解を深め、人類の未来を切り拓くことがかつてないほど期待されています。
しかし、生命や生態系はとても複雑で、まだ分からないことがたくさんあります。生物学コースでは、様々な専門分野の教員と一緒に学び研究することで、生物学の基礎を深めることができます。また、沿岸環境科学研究センターの教員とも協力し合って、幅広い関連分野も学ぶこともできます。皆さん、私たちと一緒に、生命や生態系の謎を解き、人類と地球環境の未来へ向けた問題解決に取り組んでみませんか。

氏名 研究テーマ 個人ページURL
教授
井上 雅裕 植物の成長調節とストレス耐性機構に関する生理化学的解析 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/physiol/index.html
井上 幹生 河川生物群集の生息環境解析 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/ecology/index.htm
岩田 久人
(沿)
野生生物に対する環境汚染物質の毒性影響の解明とリスク評価に関する研究 http://ecotoxiwata.jp/
中島 敏幸 人工生態系を用いた進化過程の解析と理論生物学 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/ecology/nakajima.html
村上 安則 脊椎動物の脳の起源と進化
准教授
北村 真一
(沿)
魚類感染症の発生メカニズムに関する研究 http://www.team-fische.com/fish/
佐久間 洋 植物の環境ストレス応答における分子基盤の解明 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/physiol/index.html
佐藤 康 高等植物の形態形成、環境ストレス応答、及びそれらに伴う木化に関する研究 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/morphol/index.html
高田 裕美 ウニ胚の原腸形成、及び組織・器官形成についての、形態学・組織学的研究 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/develop/
畑 啓生 水域生態系の被食ー捕食、共生をはじめとした生物間相互作用 http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/ecology/index.htm
講師
金田 剛史 植物ホルモンによる植物形態形成の仕組みと細胞骨格のはたらき http://bio.sci.ehime-u.ac.jp/morphol/index.html
仲山 慶
(沿)
複合的な環境要因の変化に対する魚類生体応答の網羅的解析 http://www.team-fische.com/bio/
福井眞生子 六脚類の起源・高次系統に関する比較発生学的研究
助教
今田 弓女 植物と昆虫の相互作用とその変遷、昆虫の生態に関する研究 https://yumeimada.wordpress.com/

(沿)・・・沿岸環境科学研究センター専任教員