Access
Search
MESSAGE FROM THE DEAN

学部長あいさつ

好奇心と創造力が、 自然の神秘を解き明かす。

愛媛大学理学部長 平野 幹

 理学は基礎科学の一つで、自然の原理を追究する学問分野です。そのため、実用そのものを目的とする応用科学とは違い、理学では科学理論そのものに着眼し、その基礎から応用までを広く扱います。現代を生きる私たちの生活は、人類の誕生時からは考えられないくらい便利で快適なものです。その一方で、地球環境の悪化や災害、現代社会の急速な発展に起因した諸問題など、私たちはこれまでにないほど多くの地球規模で取り組むべき課題に直面しています。その科学的解決に際し、根源的な解決策を与える新たなブレイクスルーの創出が待たれるところですが、問題の本質を見抜く理学分野の活躍に世界中から大きな期待が寄せられています。 理学部は平成31年度から従来の5学科体制から1学科体制に生まれ変わり、理科4分野に数学・数理情報分野を加えた5つの専門分野からなる教育コースと、自身の興味と将来像に沿って選択する3つの履修プログラムからなる教育を実施します。高校の理数分野からの接続を第一に考えた洗練されたカリキュラム体系によって、みなさんを理学分野の最先端研究まで導くと同時に、修得した能力を基盤に世の中で広く活躍できる人材として、みなさんを社会に送り出します。さあ、みなさんも我々と一緒に科学で未来を開拓しましょう。

愛媛大学理学部長 平野 幹

 

略歴 平成10年 東京大学大学院 数理科学研究科博士後期課程修了
学位 博士(数理科学)(東京大学)
専門 整数論