理学部案内2018
9/36

Department of Physics物理学科主な研究分野と教員理論物理学理論計算で解き明かす自然の不思議実験から創る物理学のフロンティア教授/宗 博人  教授/渕崎 員弘准教授/飯塚 剛  准教授/中村 正明講師/宮田 竜彦ミクロ粒子が時刻t=0に場所xiから出発して、t=Tで場所xfに到達するときの確率振幅を与える経路積分大銀河に壊される矮小銀河太陽大気中の磁場のシミュレーション実験装置部品を製作する工作旋盤実習水中で発生させたプラズマ原子やイオンがばらばらの状態にあるプラズマ状態から、ある程度の数の原子が集合して特異な性質を示すナノマテリアル、さらに多くの原子・分子が凝集した固体結晶/アモルファス物質に至るまでの種々の「もの」を作製し、その表面、内部で起こる不思議な物理現象の解明を目的として研究を続けています。また、その成果を基にして機能性材料の開発を目指しています。素粒子論と物性理論の研究グループから構成されます。前者の目的は1fm(10-15m)という、想像を絶するミクロの世界での物理法則を探ることです。こうした世界では粒子の生成や消滅が頻繁に起きており、「真空」の概念も見直す必要があるのです。一方、極めて多数(1023個)のこうした粒子の集合体である物質の織り成す、マクロの世界での物理法則を探ることが後者の目的です。対象となる現象は、例えば、超伝導、蛋白質分子の折りたたみから、一見、物質とは無関係な交通流というようなものまで、多岐に渡ります。物性物理学教授/栗栖 牧生  教授/前原 常弘准教授/神森 達雄  准教授/小西 健介講師/近藤 久雄宇宙物理学教授/粟木 久光  教授/寺島 雄一  教授/長尾 透准教授/清水 徹  准教授/鍛冶澤 賢  准教授/松岡 良樹  講師/近藤 光志宇宙物理学グループは、宇宙が誕生し現在の姿へと進化してきた過程を理解することを目指しています。ハワイの「すばる」望遠鏡や、「すざく」「ひので」といった人工衛星で得られた最新のデータを使って、宇宙の構造、銀河やブラックホールから身近な太陽までを研究対象にしています。またコンピュータシミュレーションを使った宇宙空間の研究や、次世代観測装置の開発も行っています。物理学で明らかにする宇宙の進化8

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る