理学部案内2018
8/36

物質の根源から宇宙の成り立ちまで、本質を理解する。自然の仕組みの根源を解明する。物理学は、自然の仕組みを解明したいという人類の知的好奇心から発展してきました。これまでにもガリレオ、ニュートン、湯川秀樹など多くの先人達がその解明に貢献しています。現代の科学文明は、物理学の発展なしで語ることができません。物理学は基礎をしっかり修得し、その応用についてある程度理解できれば、その上の積み上げが容易になる学問です。物理学科では、この基礎から応用までをしっかりと学ぶための講義・演習及び実験科目を用意しています。さらに卒業研究では各研究室に配属し、種々の問題解決能力を身につけるとともに専門性を高める教育を目指します。勉学意欲と探究心が強く、学んだ科学的思考法を社会人として生かしたい人を歓迎します。物理学は自然の本質を論理的に理解しようとする学問であり特に20世紀以降目覚しい発展を遂げて、自然の仕組みを解明してきました。その応用は技術の発達を促進し、現代文明に多大な貢献をしています。科学技術において、新物質の発明、情報処理装置や通信手段の開発、宇宙探査などの諸分野でこの21世紀も引き続き先導的な役割を果たして行くでしょう。物理学科では、物質の根源である素粒子から、それから構成される物質のさまざまな性質およびその応用、さらに宇宙の諸現象の理解を目標にした教育・研究を行っています。教育面では特に、「高校との接続、基礎の着実な積み上げ」、「柔軟な応用力」をモットーにしています。また、宇宙進化研究センターとのタイアップで天文学教育も充実しています。物理学科長 宗 博人略歴: 昭和57年 九州大学大学院理学研究科修士課程修了   昭和60年 九州大学大学院理学研究科博士課程修了学位: 理学博士(九州大学) 専門: 素粒子理論学科長からのメッセージPhysics course / Astrophysics course / Mathematical Physics course / Materials Science course□物理学コース □宇宙物理学コース□数物学コース □物性科学コース物理学科Department ofPhysicsFaculty ofScience 20187

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る