理学部案内2018
4/36

「考えること」と呼ばれる学問で、数理の世界を探求する。素朴な疑問から、新たな知見が生まれる。Mathematics course / Mathematical Physics course 数を数える・形を測る・変化をとらえる、といった素朴な問題を端緒とする数学ですが、高度な科学を駆使する現代に至るまで、いつの時代も変わることなく、「疑問を持つこと」が数学の発展の原動力です。小・中学生が抱く四則演算や図形、関数についての素朴な疑問から、高校・大学で学ぶ代数・幾何・解析の諸問題、科学技術を支える応用的問題、そして数学者を悩ませ続ける世紀の難問まで「疑問」の程度は様々ですが、そこに優劣はありません。数学についての「疑問」に少しでも興味を持ち、先人たちの「知」の蓄積を学び、そしてその「疑問」を解決したい人。また、数学的センスを生かして学校や企業で活躍したい人。そんな皆さんを、私たち数学科は心から歓迎しています。古代ギリシャ以来の長い歴史を持つ数学は、現代でもなお限りなく発展し続けている学問分野です。多くの人々の好奇心と探求により、数学的な対象自身を深く究める「純粋理論」と広範な理系領域に対する「基礎科学」の2つの側面が連動して、壮大な理論体系が築かれています。数理的洞察力や論証力といった数学的素養を備えた人材の活躍は教育・研究機関はもちろん、高度に発達した現代社会のさまざまな場面で期待されています。われわれ数学科では、高校数学から現代数学へと自然に理解できるよう工夫されたカリキュラムに基づいて、思考力と応用力に富み、数学・情報科学を中心とした視野の広い学生を育成します。また、少人数の演習やセミナーを通じ、自分の考えを整理し筋道立てて他者に伝える能力も身につけることができます。□数学コース□数物学コース数学科Department ofMathematicsFaculty ofScience 2018学科長からのメッセージ数学科長 内藤 雄基略歴: 平成元年 広島大学大学院理学研究科博士課程前期修了   平成2年 広島大学大学院理学研究科博士課程後期退学学位: 博士(理学)(広島大学)  専門: 偏微分方程式論3

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る