理学部案内2018
25/36

めいめいの学生に4年一貫の担任・副担任(学生生活担当教員)を配置し、修学上あるいは生活上の事柄について助言や指導にあたります。すべての教員はオフィスアワーを設定し、授業の質問や修学上の相談などに対応しています。また、学生生活に関する相談窓口も充実しており、図書館の蔵書検索からアルバイト情報に至るまで、勉学や学生生活で必要なさまざまな情報提供を行い、学生生活をバックアップしています。修学支援システム充実した学習・生活支援体制履修登録、成績確認といった履修に関する様々な手続きをWEB上で行えることが特徴です。また、進路・就職に関するメニューもあり、求人情報・インターンシップ/セミナー情報や先輩の就職体験記などが閲覧できます。教育懇談会この懇談会は、理学部学生の保護者と教員との連携を緊密にする目的で毎年6月頃に開催しています。個別懇談では、学生生活担当教員が受け持ちの担当学生の保護者と、学生の大学生活の様子・単位の取得状況・今後の進路などについて話し合います。学生生活に関する相談窓口教員や専門スタッフ、あるいは大学院生や学生のボランティアスタッフがさまざまな相談にのります。■学生サービスステーション、学生支援センター■人権問題、セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ ハラスメント等相談窓口■院生サポートデスク/スタディ・ヘルプ・デスク■ピア@カフェ、学生何でも相談窓口■総合健康センター etc.その他の制度・施設■ 入学料・授業料免除制度■ 奨学金(日本学生支援機構、民間団体等による)■ 学生プロジェクト研究(学生が自主的に行う研究への支援)■ 御幸学生宿舎Campus Life Support学生支援24

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る