理学部案内2018
23/36

Student’s Voice「南海トラフ地震」多くの人が関心を持ち、同時に多大な被害が出ることを懸念しています。地震大国である日本は、プレートの境界上に位置するため、地震を免れることはできません。地震を例に挙げましたが、自然現象を理解するにはまず地球を知っていなければなりません。そして地球を知るには、専門的学習が必要です。地球科学科では、最先端の技術を用いた地球内部や自然現象の研究が行われており、専門科目の授業でその基礎を学ぶことができます。また、授業の一環で野外調査や実験があります。野外実習では、地層や岩石を観察してその地域の地質について学んだり、化石を採集したりします。実験では、地球を構成する岩石鉱物の密度を測定したり、顕微鏡で鉱物や化石を観察したり、レポートの書き方を学んだりします。私はこれまでの授業を通して、知識として知っていることでも、自分の目で見て、触れて、考えることで、本当の意味で理解できたと実感しています。同時に、それが地球を知ることに繋がると考えています。また、大学では、地球科学の基礎的なことから学ぶことができます。私自身、高校で地学を学んでいませんが、十分理解できています。最後になりましたが、地震に興味がある、自然が好き、地球内部について知りたいなど、地球科学に魅力を感じているみなさん、愛媛大学で一緒に学びませんか。地球に触れ、地球を知る。古市 恵理05Eri Furuichi平成27年度入学 地球科学科 坂出高等学校出身[香川]Department of Earth Sciences地球科学科Entrance Exam地球科学科に入るにはhttp://earth.sci.ehime-u.ac.jp/〈 詳しい内容は地球科学科のホームページへ 〉■前期日程■後期日程■推薦入試Ⅰ[ 平成30年度 地球科学科入試 ]数学・物理・化学・生物・地学のいずれか1科目(300)センター試験(700)小論文(150)センター試験(850)書類(100)面接(200)入試科目や配点をチェックして、自分にあった入試方法を選択し、受験してください。理学部の入試情報はP33・34にもあります。■教育職員免許状(中学1種 理科、高校1種 理科)■学芸員資格 ■測量士補[ 取得できる資格 ]Job Placement卒業後の進路その他企業32%大学院27%業種別就職状況(平成27年度)理学部の進路情報はP27・28をご覧ください。公務員9%小売業9%情報通信業9%教員14%22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る