理学部案内2018
13/36

主な研究分野と教員Department of Chemistry化学科物性化学系新機能を見据えた材料設計電子が主役、物質の化学反応と機能性教授/内藤 俊雄  准教授/山本 貴教授/高橋 亮治  講師/佐藤 文哉無機化学分野では細孔や表面の構造を制御した触媒を合成し、新規触媒の開発や活性向上に取り組んでいます。物理化学分野では、未知の分子結晶の伝導性や磁性を開拓し、その機構を解明することに取り組んでいます。レーザーや高輝度X線などを使った最先端の分析技術を用いて物質・分子の構造と化学反応性・発光特性などの性質との関係を調べ、食品添加物・化粧品の素材や半導体、分子センサーなどの新しい機能性物質の開発に役立つための研究を行っています。構造化学系教授/長岡 伸一  教授/小原 敬士  講師/垣内 拓大教授/佐藤 久子有機化学系新しいものを産み出す有機化学生命機能を支える生体分子科学教授/宇野 英満准教授/奥島 鉄雄  准教授/髙瀬 雅祥准教授/谷 弘幸  准教授/倉本 誠  講師/森 重樹核酸やタンパク質の分析とそれらの分離分析法の開発により、発癌・老化・神経変性などの生命現象を解明しています。また、光合成によりエネルギーを得るしくみや、生物が環境変化に応答するしくみを解明しています。有機合成を通じて新しい機能を創出したり、新奇な構造や機能をもった化合物を見いだすことを目標に研究しています。生物化学系教授/座古 保  准教授/島崎 洋次教授/林 秀則  准教授/杉浦 美羽吸収・蛍光・りん光スペクトル発光性の金属錯体薄膜の製造方法有機超伝導体の単結晶(一辺が約2㎜)多孔体の電子顕微鏡写真光化学系Ⅱ反応中心の構造生体タンパク質の分離分析実験合成した化合物を精製する様子合成された色素(学術誌の表紙)教授/国末 達也  准教授/野見山 桂環境化学系高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計でダイオキシンを検出食物網を介した有害物質の生物濃縮生物蓄積性の有害物質(有機ハロゲン化合物とその代謝物、微量元素など)に注目し、分析法の開発、環境・生態系汚染の実態解明、広域分布の特徴と環境動態解析、汚染の過去復元と将来予測、生物濃縮機構と体内動態解析、リスク評価などの研究を地域的・地球的視点で展開しています。有害物質の環境汚染と生態リスクを化学で解明12

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る