理学部案内2018
12/36

物質的世界観を身につけ、人類の課題に挑戦する。物事の根本の化学現象を理解し、未来へつなげる。人類の発展において化学は大きな役割を果たしてきました。私たちが日常生活で用いるプラスティック製品や病気を治癒する薬などはその賜物と言えます。また我々生命体の中でおこっていることも、分子レベルで考えると全ては化学反応と言えます。このように物事の根本の理解と発展には化学現象の理解が重要です。本学科では化学の様々な領域を広く深く学ぶことで、化学現象を見つめる目を養うようにカリキュラムが構成されています。更に卒業研究を通じて実践的な問題に対処できるようになります。化学科で学んだ広い視野と深い洞察力、鋭い分析力は社会で専門家として未来を切り拓く上で役立つのみならず、日常の様々な問題を解決するための能力としても活用されます。皆さんと共に学ぶことを楽しみにしています。人は昔から物質に関する知識を蓄積し、それを取り扱う技術を開発してきました。今日では化学と呼ばれる学問として整備され、化学の技術として科学文明を支えています。化学は自然を対象とする自然科学の一分野です。そして、自然界で起こる物質の変転や性質の変化を、原子や分子のレベルで理解する学問で、自然認識の重要な部分を成しています。本学科では、化学現象の観察とその理解に重点を置いています。そのために講義と実験とを車の両輪のように補いあわせながら、学んでゆきます。最終学年においては、各研究グループに属し、誰もこれまで知らなかった化学現象や概念を得ることを目指して卒業研究をおこない、その成果を世界に向けて発信します。化学科長 座古 保略歴: 平成13年 東京大学大学院工学系研究科   博士後期課程修了学位: 博士(工学)(東京大学) 専門:生体分析化学学科長からのメッセージChemistry course / Materials Science course / Biochemistry course□化学コース□物性科学コース □生物化学コース化学科Department ofChemistryFaculty ofScience 201811

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る