GRC教員、川嵜智佑愛媛大学名誉教授、大学院理工学研究科博士後期課程3年生の門林宏和さんと同2年生の柿澤翔さんが日本鉱物科学会2017年度大会で日本鉱物科学会賞・研究奨励賞・論文賞・研究発表優秀賞を受賞しました【9月12日(火)~14日(木)】

 平成29年9月12日(火)~14日(木)、愛媛大学理学部講義棟及び南加記念ホールで、GRC教員を中心とする実行委員会(委員長:入舩徹男GRCセンター長)のもと、日本鉱物科学会2017年度大会が開催され、地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)の大藤弘明教授が学会賞、境毅講師が研究奨励賞を受賞しました。

 日本鉱物科学会は、ともに長い歴史を持つ日本鉱物学会(1955年設立)と日本岩石鉱物鉱床学会(1928年設立)が統合され、2007年に設立されました。2016年からは一般社団法人化され、会員約1000人が野外調査、実験、分析、数値計算など様々な手法を用いて、地球や惑星を構成する鉱物や岩石の構造・特性や成因などの解明を目指しています。

 南加記念ホールで開催された初日の総会において授賞式が行われ、大藤教授、境講師がそれぞれ受賞講演を行いました。なお、大藤教授の受賞タイトルは「ナノ-ミクロ領域における鉱物の結晶化・組織化メカニズムに関する研究」、境講師の受賞タイトルは「マルチメガバール領域における鉱物高圧相の状態方程式の研究」です。また、同学会の論文賞を川嵜智佑愛媛大学名誉教授(元理学部教授)が受賞し、同じく授賞式が行われました。

 また、同学会中に口頭発表・ポスター発表を行った学生に対し、10人の審査員による審査が行われました。優秀な発表を行った4人が研究発表優秀賞に選出され、GRCで研究をすすめる門林宏和さん(大学院理工学研究科博士後期課程3年生)と柿澤翔さん(同2年生)が選ばれました。門林さんは、大藤GRC教授の指導のもと「C-H-O系における氷惑星内部条件下でのダイヤモンド生成条件の解明」の発表を行い、柿澤さんは、井上徹GRC教授(広島大とのクロスアポイントメント)・栗林貴弘東北大准教授の指導のもと「Alに富むSuperhydrous phase Bの単結晶構造解析」の発表を行いました。両者には、同学会の最終日に南加記念ホールで行われたクロージングセレモニーで、𡈽山明同学会長から賞状が授与されました。

   
大藤教授(左)と境講師       柿澤さん(左)と門林さん(右)、
      中央は𡈽山明日本鉱物科学会長
 

 

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

理学部トップページに戻る

(C)Ehime University, Faculty of Science, 2017.