教育理念・教育目標

教育理念・教育目標 写真

理学部の教育理念 - 未来への挑戦

科学は、数理、自然および生命を支配する原理や法則を探求する学問です。理学は人類共有の知的財産として文化文明の基礎を成していることはいうまでもありません。科学の対象は「未知なるもの」といえるでしょう。これを様々な原理や法則で解明することにより、新たな発見にたどりつきます。「未知なるもの」は科学の発展とともに絶えず新しく生まれ、研究室や実験室のような特別の場所だけでなく、町工場、医療現場、生活環境など至る所に見出すことができます。科学を発展させ、新しい知を生み出す原動力は、未知に対する飽くなき好奇心と、未知を明らかにしようとする不屈のチャレンジ精神です。愛媛大学理学部における教育と研究の原点は、まさに「未知への挑戦」です。

未知を解明するには知識が必要です。したがって理学部の教育方針の第1は、体系的に学習を展開してどのような分野にも必要とされる学問的基礎をしっかり確立することにあります。一方、好奇心のもち方、未知に対するチャレンジの仕方は、人さまざまです。多様な捉え方、取り組み方があればこそ、個性豊かな人材が育ち、理学は多面的に発展します。このため教育方針の第2として、学問的基礎を修得した学生の多様な学習目的・学習計画を受け入れることができるように、多彩な選択科目と選択可能な複数の履修コースを用意するなど、学生の知的自由度を確保しています。すなわち、原理に立ち返って考えることができる体系的基礎学識を教授するとともに、未知に対する熱い好奇心と未知を解き明かそうとする強いチャレンジ精神を育むことが、理学部における教育の基本理念です。このような理念のもとで、理学部は「科学で未来を拓く」人を育成しています。

アドミッション・ポリシー

理学部では、次のような資質や能力を持った学生を求めます。

  • 学力の基礎

    高等学校レベルの数学および自然科学を修めており,学士課程の理学を自律的に学ぶための用意が十分にできている。

  • 論理的思考力

    物事を論理的に考察し,自分の考えを論理的にまとめて表現することができる。

  • 科学に生きる意志

    社会,文化,地球環境保全のために科学・科学技術を役立てたいと志している。

ディプロマ・ポリシー

次のような資質をもつ人材を育成することを目標としています。

  • 科学的知性

    科学の基礎知識と技能を修得して自己の中に体系化できており,それを基盤にして自律的に知的能力を発展させることができる。

  • 科学的解決力

    科学的原理に遡って対象の本質を分析し,討論と実証的な調査・研究を通じて課題を解決に導くことができる。

  • 科学する者の自覚

    社会,文化,地球環境の観点から科学・科学技術の役割と責任を論じることができる。

(2015.11.26理学系会議承認)